会員登録/修正
2018年 05月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
定休日(サイトからのご注文は承りますが、商品出荷はございません。)
2018年 06月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 
 
 
 
 
 
 

バッティングの飛距離を向上させるポイント

ホームランバッターになることは野球少年の憧れです。お子さんのバッティング練習に役立つような、指導と助言をしてあげたいという親御さんもいらっしゃるでしょう。ここでは、 「バッティングの飛距離を向上させるポイント」についていくつか紹介いたします。

インパクト時の集中

飛距離アップを実現するためには、インパクト時バットに、自分の持っている最大限の力をいかに伝えられるかがポイントです。そのためには、バットを含む身体全体を、しなやかな鞭であるよう意識してください。鞭の先に力を加えるためには、垂らした状態から一気に振ることです。

これを応用して、インパクトの瞬間までは無駄な力や動きを加えずにリラックスし、バットがボールを捕らえた瞬間に一気に力を放出します。イメージしにくい場合は、スイング時にはバットを軽く握り、インパクトの瞬間にグリップを思いっきり握ることから始めてみましょう。

フォロースイングは大きく

バッティングの飛距離アップの基本に、「インサイドは小さく・アウトサイドは大きく」という言葉があります。インパクトまではコンパクトなスイングが必要ですが、スイング後のフォロースイング(ボールにバットを当てた後、腕を最後まで振り切る動作)を、どれだけ大きく取れるかが飛距離アップのポイントとなるのです。

そのためには、打球を打つ方向(センター狙いならセンター方向へ)へバットを投げ出すようにイメージし、肘を曲げて返すのではなく、肘をしっかりと伸ばすことを心がけてください。フォロースイングを大きく取るこということは、バットにボールが乗っている時間が長いということです。その分ボールに力を伝えることができるため、打球がよく伸びることに繋がります。

グリップ返しは我慢

飛距離アップを目指すなら「グリップを早く返しすぎない」こともポイントです。グリップを返すのはバットにボールを当てた後です。右バッターの場合なら、左手がグリップエンド側、右手がその上にきます。
スイング開始時は、左腕でバットを振る感じで右手は補佐役になっています。
バットがボールを捕らえた後は、左手ではなく右手でボールを押し込むことをイメージします。

打つ瞬間に手の甲を返す人を多く見かけますが、これでは飛距離は伸びず、手首にダメージを与える可能性があります。グリップを早く返しすぎないということを意識し、まずはバッティングネットを活用してティーバッティング練習を行いましょう。

リアルスタイルでは、バット・グローブ・ボール・バッティングネット・トレーニング器具などの野球用品を販売しています。トスネットやティーネット、防球ネットなど、バッティング練習に活躍できるネット類も品揃え豊富に提供しております。硬式用・軟式用共に取り扱っておりますので、バッティングネットをお求めの方、少年野球グッズを通販でお探しの方は、ぜひリアルスタイルの商品にご注目ください。

   
 

バッティングネット等激安スポーツ用品通販の「リアルスタイル」サイト概要

サイト名 リアルスタイル
住所 633-0112 奈良県桜井市初瀬1619-1
電話番号 0744-47-7068
業務内容 激安スポーツ用品の通販(バッティングネット/野球グローブ/テニス用品/バドミントン/トレーニング全般/サーフィン等)

コラム一覧

ページトップへ