TOWA野球用品の誕生

1839年頃アメリカで考案された野球というゲームが、日本に伝えられてのは1875年(明治8年)と言われています。
当初、素手でゲームを行っていたものが、明治29年頃からグローブ(手袋)を使い始めました。
国内でグローブが生産されたのは大手スポーツメーカー(美津濃運動具店)が1913年(大正2年)頃からで、奈良県でのグローブ生産は1921年(大正10年)頃に伝統的な皮革製品の生産実績を踏まえて奈良県磯城郡三宅町の坂下氏と辰巳氏によってはじめられたといわれています。
当時一般的なグラブは帆布製で皮革製のグローブはたいへん高級なものだったと思われます。
 その後、野球というゲームの爆発的な普及と用具のめざましい発展により、奈良県のグローブ・ミット産業は国内でも巨大生産地として発展していきました。
1986年(昭和31年)からはアメリカへのグラブの輸出が始まり、ピーク時1970年(昭和45年)には年間生産個数約800万個のうち輸出個数542万個と言われる生産量で、1960年代以降には奈良県の輸出花形産業となり、グラブの全国の生産シェアの80%を奈良県で生産するほど独占的な生産地でした。
膨大な生産数を背景に各製作所、職人さん方の技術開発、日々の努力により品質の高さと技術力で世界に誇れる生産地となりました。

 当時の奈良県内の生産地としては奈良県桜井市、奈良県北葛城郡河合町、磯城郡三宅町に集中しておりこの3地域で1958年くらいに、共同仕入れや保険業務の関係でスポーツ用品製造組合が設立され、この桜井市地域は、大和(奈良県)の東側の地域なので東和運動用品組合が設立されました。
その後1971年のドルショックや1973年オイルショック、韓国や台湾などアジア諸国の低コスト製品の進出などで輸出産業から国内市場1本に変わり、年間生産個数は100万個程度になりました。
 この時代に各生産者は有名ブランドの下請けとして、それぞれのスポーツブランドメーカーの系列下に入り生産個数を確保しました。
そのため東和運動具組合では生産者が自由に生産、販売できるブランドとして、TOWAという産地ブランドを立ち上げました。
当時私どももこのTOWAというブランドでかなりの個数のグローブを販売しておりました。
 現在では年間の生産量は横ばいではあるものの、大リーグや日本のプロ野球選手が使用する高級品では奈良県産が80%以上と圧倒的な占有率を誇っています。
グローブ・ミットは縫製や裁断など高度な技術を要する手作業工程が多く、世界でも超一級といわれる職人技が奈良県内の各製作所や職人さんに受け継がれています。


 私たちはこの40年以上の歴史をもつTOWAというブランドを復刻することで、各生産者の方々が自由にご自分の持たれている技術を発揮し、ご購入者様にお楽しみいただけなおかつご満足いただける商品を提供できるブランドに育てていきたいと願っております。

TOWA国産硬式野球グラブを見る⇒
野球グラブ製造工程を見る⇒

ページトップへ