会員登録/修正
2018年 08月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
定休日(サイトからのご注文は承りますが、商品出荷はございません。)
2018年 09月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
定休日(サイトからのご注文は承りますが、商品出荷はございません。)

 
 
 
 
 
 
 

軟式野球と硬式野球の違い

野球をするときには、グローブやボール、バットはもちろん、内野用外野用など、いろいろな道具が必要になります。軟式野球と硬式野球によっても使うボールが決められており、軟式野球では柔らかいゴムボール、硬式野球では硬いボールが使われています。

軟式野球

素材に柔らかいゴムが使われている軟式ボールには、A号・B号・C号・D号など、たくさんの種類があり、それぞれ大きさや重さが違います。

一般的にはA号が一般用、B号が中学生用、C号が小学生用、D号が小学低学年用とされています。硬式ボールは中が空洞になっており、ゴムで作られていることから、硬式ボールと比べると柔らかく草野球や少年軟式用として使われています。また、軟式ボールは、使われている素材がゴムのため、ボールが地面に落ちると硬式ボールよりもバウンドしやすく、ヒットになりやすいのが特徴です。

軟式野球には、軟式用のボールだけではなく、軟式グローブや軟式用バットなども使われます。軟式グローブのサイズも多くありますので、自分の手のひらにピッタリ合ったものを選ぶことが大切です。

硬式野球

高校野球やプロ野球で使われているのが、この硬式ボールです。硬式ボールは、素材にコルクなどが使われていて表面に赤い糸の縫い目があり、白い皮でできています。軟式ボールに比べると硬くて重さがあり、ボールをバットの芯でしっかり捉えて打つことができれば、軟式ボールよりも遠くまで飛ばすことができます。

リアルスタイルでは、硬式用や軟式用の野球用品を多く取り扱っております。ミズノやゼットなどの野球用品を扱っており、右投げ用グローブだけではなく、左投げ用グローブや軟式グローブ、金属バットや木製バット、ピッチャー用防球ネットなど、豊富な品揃えからお選びいただけます。

通販にて購入することができますので、野球用品をお探しの方はぜひリアルスタイルのサイトをご覧ください。また、ダンベルなどのトレーニング用品もご提供しております。

   
 

バッティングネット等激安スポーツ用品通販の「リアルスタイル」サイト概要

サイト名 リアルスタイル
住所 633-0112 奈良県桜井市初瀬1619-1
電話番号 0744-47-7068
業務内容 激安スポーツ用品の通販(バッティングネット/野球グローブ/テニス用品/バドミントン/トレーニング全般/サーフィン等)

コラム一覧

ページトップへ